【FF7】リメイク版ではどうなる? バレット・ウォーレスという人物

 

人気RPGゲーム「Final FantasyⅦ」のリメイク版が、2020年3月3日に発売されます!(追記! 予想通りか!? 4月10日に延期になりました…無事に4月10日に発売されました!!)

リメイク版発売前におさらいという形で、1997年の発売当時からファン歴20年を超えたFF7大好きゲーマーな私が、FF7を語ります。

まずは主人公のクラウド……ではなく、アバランチメンバーのバレット・ウォーレスについてです!

 

*以下、バレットについてネタバレがあります! FF7を未プレイの方はご注意ください*

 

バレット・ウォーレス

バレットと言えば、とにかくでかい右腕が銃のオッサンというイメージですね。

簡単なプロフィールは、

  • 年齢:35歳
  • 身長:197センチ
  • 誕生日:12月15日
  • 血液型:O型
  • 出身地:コレル

という感じで、子どもの頃から無印をプレイしていた身からすると、バレットの年齢を軽く超えてしまっている事実に、驚きと動揺を隠せません。

子どもの頃はバレットとシドが物凄いオッサンに見えていたけど、今だと同世代どころか、シドなんて会社で言うと後輩レベルなんですね…。シドが32歳て老けすぎやろ私も年を取りましたわ。

 

…話がずれましたが、バレットはミッドガルでアバランチのリーダーをしています。

アバランチは巨大企業神羅に対抗する反神羅組織で、かなりの過激派組織です。

今のご時世では、単なるてろリストです。

そもそも、FF7の一番最初のオープニングが、アバランチが魔晄炉に爆弾を仕掛ける所から始まります。

かなりヤバイ組織のリーダーということですね。

★同じアバランチのメンバー、ティファ・ロックハートについては、こちらからどうぞ。

【FF7】リメイク版ではどうなる? ティファ・ロックハートという人物

なぜアバランチに加入した?

故郷と家族を奪った神羅への復讐心から、バレットはアバランチとして活動を始めています。

バレットはコレルという炭鉱の生業とした村に生まれ、先祖代々の炭鉱夫として働いていましたが、当時、世界のエネルギー源は既に石炭から魔晄へと移っていて、炭鉱の村だったコレルはとにかく貧しい村でした。

そんな時、魔晄炉を建てれば村が豊かになるという神羅の誘いに、村長はじめバレットや他の村人らは大賛成。

バレットの親友・ダインだけが反対していましたが、バレットは妻のミーナを苦しい生活から抜け出させてあげたいとダインを説得、結果的に、賛成多数で神羅が村に魔晄炉を建設することになりました。

しかし、建設中の魔晄炉で事故が起こり(BCFF7の後付け設定では、元祖過激派アバランチが神羅に打撃を与えるために爆破した)、神羅はあろうことか、全ての責任を村の反対派に押し付け、村を焼き払ってしまったのです。

この事故で、バレットは最愛の妻・ミーナを失い、右腕を銃で撃たれて使い物にならなくされ、親友のダインとも生き別れてしまいます。

この事件をきっかけに、バレットはアバランチに加入することになったのです。

よく考えたらヤバイ奴なんだけど…

「星を守るため」

というのを大義名分に、魔晄を吸い上げ続ける神羅に対抗すべくアバランチに加入したバレット。

が、よくよく考えれば、魔晄炉に爆弾を仕掛けるなんて、関係のない民間人も巻き添えにしかねない大暴挙です。

さっきも言いましたが、これでは単なるてろリストと言われても仕方ありません。

子どもの頃にプレイした時は、物語の一番最初、魔晄炉に爆弾を設置してその後制限時間内に脱出しなければいけないイベントも、単純に何これスリル満点で楽しいキャッハー!だったんですが、大人になってしまうと、

 

「え、これ普通にあかん行為だよね?」

 

と、無駄に冷静に、バレットたちアバランチの身勝手さに気付いてしまいます。

神羅への復讐心からてろ行為を正当化し、物語の後半でケット・シーからそれを指摘された時には、

 

「星のために多少の犠牲は仕方ない」

 

とほざき、これだけを聞けば100%クズ認定されるヤバイ男です。

憎み切れない熱血漢

それでもなお、大人になった時に改めてバレットに対して感じたことは、

 

「過去に関しては大いに同情できるし、神羅を恨む気持ちも物凄くわかる」

「(実の娘ではない)マリンを溺愛して育てているのも、普通にできることではない」

(「が、爆弾は仕掛けたらいかん!!! 絶対にだ!!!」)

 

と、てろ行為に関しては、今の時代の感覚だとただひたすら「いかん!」の一言なんですが、それ以外の部分においては、物凄く共感できてしまいます。

バレットは血の繋がりのない娘のマリンを嘘偽りなく可愛がり、娘のためなら何だってやると豪語するほどに、マリンを心の底から愛しています。

子どものためなら…という気持ちは、同じ親として大いに共感できます。

また旅の途中では、「星を救う」という表向きの大義名分の裏で、本音では単に「神羅への復讐」がしたかっただけという思いを仲間に吐露したことで、バレットは初めて、己の気持ちと向き合います。

ケット・シーに魔晄炉爆破事件を非難された時も、逆切れのような形で逃げるバレットでしたが、直後には

 

「オレはミッドガルの連中には、返しきれない借りがあるからよ…」

 

と呟いていて、どうやら自分の行ってきた行為について、後悔もしているようでした。

バレットたちが行ったてろ行為は一般的には絶対に許されないことですが、そこに至るまでの経緯・そこからのバレットの苦悩・親としての深い愛情が、彼の愚直なまでの泥臭い人間臭さを表していて、なんだか嫌いになれないのです。

そこが、バレットの最大の魅力なのかもしれません。

リメイク版ではどうなるか

では、新たなリメイク版でのバレットはどうなるのでしょうか。

ボイスは、AC・DCから引き続き、小林正寛さんです。
私の大好きな時代劇ドラマ、剣客商売にもご出演されたこともある、俳優業でもご活躍されている方ですね。

バレットの基本プロフィールは大きな変更もなく、外見は更にイケオジになったような気もしますが、私が気になるのは、無印のFF7から後に発売された、後発の関連作品の後付け設定です。

バレットに関する後付け設定

バレットに関連する後付け設定は、主にコレル魔晄炉爆発事故についてです。

無印では、

  • 建設中の魔晄炉で爆発事故発生。
  • 神羅は事故の原因が魔晄炉建設反対派だと決めつけ、神羅の幹部の一人・スカーレット率いる私設軍が村を焼き払った。

 

という設定でしたが、BCFF7では、以下のような展開になっていました。
(コンピ作品第1弾のBCFF7は、既に配信終了している携帯用のアプリゲームです)

 

  • コレル魔晄炉の建設阻止のため、元祖アバランチが魔晄炉を爆破
  • 当時、魔晄炉建設賛成派だったバレットは、アバランチの陰謀を阻止しようとするタークスの一人に全面協力して、魔晄炉潜入の手助けをしていた。

 

こんな感じで、魔晄炉爆発の事故の原因が、元祖アバランチの仕業になっています。

(ここで言う元祖アバランチとは、当時の過激派反神羅組織のことです)

無印をプレイしていた人間からすると、過激派とはいえ「星を救う」ことが名目の元祖アバランチに倣い、バレットはミッドガルで反神羅組織アバランチのリーダーとして活動していたのに、そのアバランチに加入したそもそものきっかけの事故を起こしたのが、かの元祖アバランチだったとは…と思うと、なんとも皮肉な運命です。

とはいえ、その元祖アバランチに資金を提供していたのが、神羅の社長であるプレジデントの実の息子・ルーファウスだったというオチだったので、神羅が悪い!と言われればその通りかもしれないですし、後処理で村を焼き払うという非道を行ったのはやはり神羅ですから、結果的には何も変わりませんが。

★コレル魔晄炉爆発事故の考察記事は、こちらから。

【FF7考察】派生作品からの後付け設定による矛盾? バレットはコレル魔晄炉爆破事件の真相を知っているのか

リメイク版バレットの気になる点

ストーリー上でバレットに関して気になる点と言えば、

  • コレル魔晄炉の爆破を阻止するためにやってきたタークスの一人に協力していたが、その回想シーンはあるのか
  • コスタ・デル・ソルで水兵姿が気に入ったニヤニヤバレットを再現してくれるのか
  • ゴールドソーサーでのクラウドとのデート?イベントは再現してくれるのか
  • マリンとのラブラブイベントが見たい

この辺りですかねー。
(最後のは完全に個人的希望)

BCFF7の設定がどのように反映されるかは、非常に気になる所です。

さすがにタークスとの回想シーンは無理かもですが、水兵さんバレットやゴールドソーサーでのクラウドデートイベントは是非見てみたいですね!

まとめ

FF7に登場する人物の一人、バレット・ウォーレスの紹介でした。

現代のご時世感覚だと到底許されない行為をしている反神羅組織のリーダーですが、ゲームをプレイしながら、そこまでに至った経緯やその後のバレットの苦悩を見ていると、心底憎み切れない、熱い情熱を持った男性だということがわかります。

バレットの名台詞でもある、

「オレたちが乗っちまった列車は、途中下車はナシだぜ!」

を、早くリメイク版でも聞いてみたいです!

 

バレットも!! 追加ムービー必見の無印FF7は、インターナショナル版で見られます。

コンピ作品のひとつのCCFF7は、ザックスが主人公です。
バレットは特に出番なし! 残念!

ACでのバレットの活躍度はイマひとつでしたが…。
ブルーレイ版もあります。

リメイク版ついに発売されました☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です