【大長編・映画ドラえもん】「のび太の大魔境」名言ランキング!

 

隠れた名言が多い漫画「ドラえもん」シリーズ。

今回は、大長編・映画第3作目の「のび太の大魔境」から、超個人的主観で名言を厳選します。

*大長編第1作目「のび太の恐竜」名言ランキングは、こちらから!

【大長編・映画ドラえもん】「のび太の恐竜」名言ランキング!

*大長編第2作目「のび太の宇宙開拓史」名言ランキングは、こちらから!

【大長編・映画ドラえもん】「のび太の宇宙開拓史」名言ランキング!

 

*以下、ネタバレがありますのでご注意ください*

 

「のび太の大魔境」名言ランキングTOP7

原作の大長編版と映画版、ごちゃまぜのランキングとなっております。

 

7位 「もはや これまでか……」

もはや これまでか……。

だが、やられっぱなしではすまさんぞ!!

 

藤子・F・不二雄、小学館「大長編ドラえもんVOL.3 のび太の大魔境」183ページより引用

 

原作のみのダブランダーの台詞です。

ダブランダーはペコの敵で、ペコから王位を奪った悪大臣です。

物語の終盤、大逆転でダブランダーの部隊が負けそうになった時、ダブランダーがこの台詞を吐きます。

初登場時から敵役としてザ・小悪党を体現してくれているダブランダー、潔く負けを認めるわけがなく、ペコの婚約者でもあったスピアナ姫を我が物にすべく、最後の最後まで安心できる小悪党っぷりがわかる台詞です。

6位 「ころんだのです」

いまのは ころんだのです。

 

藤子・F・不二雄、小学館「大長編ドラえもんVOL.3 のび太の大魔境」122ページより引用

 

原作・映画版に共通するペコの台詞です。

故郷であるバウワンコ王国に帰って来れた犬の王子様であるペコ、喜ぶのも束の間、王位を奪ったダブランダーの部下たちに見つかるまいと用心している最中、のび太並に素で思い切り顔からぶっ転んでしまった所で、ペコのこの台詞です。

敵から身を隠すためにペコが伏せたのかと勘違いしたのび太たちも、ペコに倣って慌てて身を伏せますが、顔を赤らめながらもペコは素直に転んだと告白するのです。

とても好感が持てる一言で、非常に素直な王子さまだということがわかります。

ペコが実は王子だったと打ち明けた瞬間は、足を組み腰に手を当ててなんか無駄に偉そうなオッサン臭さもあったものの、自分のドジを一切誤魔化さず素直に認めているのを見ると、やはり誠実な人柄(犬柄?)なのでしょうね。

ダブランダーは人気のない王だったようですが、ペコが王位を取り戻した後の民衆の歓声を見る限り、ペコやペコの父であるバウワンコ108世は、国民からも信頼されている王だったのでしょう。

5位 「ろうやなんてあるかい」

感じのいい ろうやなんてあるかい。

 

藤子・F・不二雄、小学館「大長編ドラえもんVOL.3 のび太の大魔境」138ページより引用

 

原作のみのドラえもんの台詞です。

バウワンコ108世の親衛隊長で、ペコが大いに頼りにしていたブルススを地下牢まで助けに行く時、薄暗い地下牢で、

「感じ悪いとこだなあ」

とスネ夫が不安がっていると、表情ひとつ崩さず冷静に突っ込むドラえもんの台詞です。

確かにー!と、思わず頷いてしまう突っ込みです。

原作のドラえもんって、こういう地味な突っ込みが面白いんですよね。

4位 「みんな いっしょだよ」

そうだよ、みんないっしょだよ。

これからなにがおこるにしても、ぼくらはず~っといっしょだよ。

 

藤子・F・不二雄、小学館「大長編ドラえもんVOL.3 のび太の大魔境」163ページより引用

 

原作のみののび太の台詞です。

「さっさと逃げろ」と言って一人危険な敵地へ向かったペコを追ったジャイアン、その後をドラえもん、のび太、静香ちゃんも追い、更にスネ夫も追って再び全員集合してしまい、

「なんだよ。またいっしょになっちゃった」

とジャイアンが困った所で、のび太のこの台詞です。

のび太と仲間たちの優しさが、ジャイアンに伝わった瞬間でした。

彼ら5人の絆は、「大魔境」の時点で既に固く結ばれていたことがわかります。

ペコがそっと目を伏せて5人の仲を邪魔せずに見守っている姿も、慎ましやかでとても素敵でした。

3位 「見たことない!!」

かあちゃんに あいに帰る探検隊なんてみたことない!!

 

藤子・F・不二雄、小学館「大長編ドラえもんVOL.3 のび太の大魔境」48ページより引用

 

原作・映画版に共通するのび太とスネ夫の台詞です。

謎の巨神像を目指してアフリカのジャングルを歩いている最中、様々な理由でどこでもドアを使い何かと日本に帰る仲間たちに怒ったジャイアン。

その直後に、「家に帰って来い」というかあちゃんの言付けを静香ちゃんから聞いたジャイアンが、ドラえもんに猫なで声でどこでもドアを出すよう頼んだ後の、この的確な突っ込みです。

のび太、スネ夫、静香ちゃんがどこでもドアを使ってボケて、最後は怒った張本人であるジャイアンで落とす…。

ザ・ドリ〇ターズのようなテンポの良い素晴らしい流れで、もはや完成されたコントです。

この一連のシーンは、何度見ても笑えます。

映画版ではスネ夫が日本に帰るシーンだけカットされましたが、リメイク映画版ではスネ夫のシーンも復活していて、とても嬉しかったです。

2位 「きっと道がひらける」

巨神像にさえ たどりつけば、きっと道がひらける。

かならず助けにくるから、それまでぶじでいてくれよブルスス。

 

藤子・F・不二雄、小学館「大長編ドラえもんVOL.3 のび太の大魔境」155ページより引用

 

原作・映画版に共通するペコの台詞です。

巨神像に行く途中、敵の罠にかかり大ピンチになったドラえもん一行でしたが、ブルススが一人、囮となってペコたちに先を急がせます。

即座にその場を離れる決断をしたペコが前を向いたまま言う台詞が、こちらです。

迷いのない冷静な判断、希望を捨てない強い気持ち、部下を思いやる優しい心、ペコの王族としての資質が、この台詞だけで全て伝わってきます。

1位 「おれも いくぜ」

ペコだけじゃどうにもならん。

おれも いくぜ。

 

藤子・F・不二雄、小学館「大長編ドラえもんVOL.3 のび太の大魔境」160ページより引用

 

原作・映画版に共通するジャイアンの台詞です。

「大魔境」は、ジャイアンのこのシーンが一番の見所ですね。

外国人であるジャイアンたちを逃がすため、敵をひきつける役を自ら申し出て敵地へ向かったペコの後を、ジャイアンがこの台詞を言った後で、真っ先に彼を追って行くのです。

「あの人なりに責任を感じていたのね」

と言う静香ちゃんの言葉はまさにその通りで、危険な冒険にしてしまった責任を全部自分でとろうとしながら、だけどそれを仲間たちには言わないジャイアンらしい男らしさが、この一言に詰められています。

個人的に「大魔境」は「ジャイアンかっこいいシリーズ」第一弾大長編なせいか、名言ランキング1位も、やはりジャイアンでした。

まとめ

大長編・映画ドラえもん第3作目「のび太の大魔境」の名言ランキングでした。

ギャグあり、シリアスあり、ジャイアンかっこいいの「大魔境」は、名言編でもそのような要素が詰まっていましたね。

ランキング以外でも、突然スネ夫が「行くよ、行きますわよ」と突然のお嬢様風台詞を口にしたり(映画版のみ)、初めて正体を現したペコの「お見事!」は、個人的にとても大好きです。

*更に「のび太の大魔境」を語り尽くしている記事は、こちらから!

【大長編・映画ドラえもん感想】ドラファンが「のび太の大魔境」を語り尽くす!

*リメイクされた「新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~」の感想記事はこちらから!

【映画ドラえもん感想】「新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~」の感想! 原作・旧作映画とも比較してみた

 

「のび太の大魔境」は、1982年公開の映画作品です。

原作大長編こそドラえもんです。

ドラえもん前声優陣の前半映画が詰まったBOXです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です